特保飲料

最近、カテキンやポリフェノールなどを
高濃度で含有する特保飲料を良く見かけるようになった。
体脂肪の吸収を抑えるもの、脂肪を燃やしやすくする物
様々だ。
先日の食料の買出しの際
ヘルシアの炭酸飲料に目がいった。
金額も意外と高め。
『うーん…(1本180円じゃ安売りの2ℓの水より高い)』
結構ケチ(笑)
気になりながらもあきらめた。
はしごした量販店で
こんな商品を見つけた。
『安い、しかもコーヒーなのに特保!?』

image/2009-06-02T00:58:561
↑ブレンディプラス

(どちらもまだ飲んでないのでなんとも感想は言えませんが。。。)

image/2009-06-02T00:58:161
↑ブレンディプラスコーヒー&ミルク

1本99円という
以外な安さのあまり飛びついた。
と言うより
なぜ
特保なのか気になった。
「コーヒーオリゴ糖」
なるものが関係しているらしい。
調べてみた!!
(AGF HPよりhttp://www.agf.co.jp/about/randd/kenkyu/mos/taishibou.html)
コーヒオリゴ糖の効果
機能①小腸での脂肪吸収の抑制及び低減
腸管での脂肪酸の吸収を物理的に阻害
根拠
1 中性脂肪の上昇抑制
2 排泄脂肪の増加
機能②肝臓での脂肪の生合成を抑制
大腸内でのビフィズス菌などの腸内細菌を増殖させる事により
産出されたプロビオン酸が肝臓内での脂肪の生合成を抑制します。
根拠
1 肝臓脂質の低減
機能①と②の効果により蓄積脂肪の代謝が促進され
体脂肪減につながる。
というものです。
飲むだけで痩せる。
すごい効果ですね。
でもこのHPにある研究で気になった点があります。
一般向けのHPだから簡略化したのかもしれませんが…
被験者が成人というくくりで、かなりアバウトです
男性と女性、年代によっての効果も全く違ってくると思います。
特に
小腸での脂肪吸収の抑制・低減機能について の実験は
男性のみの研究結果ですが、
女性の場合は効果はどうだったのでしょう?
揚げ足取りになってしまいますが、気になりました。
日々色んな研究が進んでいるんですね。

カテゴリー: お役立ち?!情報   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。