脊柱

今日はクライアントに
ヒールを履いたときの姿勢について相談された。
ヒールは疲れる、うまく綺麗に立てない。。。等
そのクライアントの場合
基本的な筋肉が無い事と同時に
骨格に問題がある
そもそも
日本人のような骨格では
高いヒールを履く事で
体に大きな負担をかける場合が多い。
個人差があるが。。。
足だけ疲れているようでも
全身に緊張を与えている。
お洒落には
我慢が必要なのですね(冷汗)
脊柱はそもそも
頚椎で頭を支持し
胸椎は心臓の位置により
後方へ押し出され
腰椎で荷重を支持する為
前部へ突出し
S字を描く
とても機能的にできている。
脊柱のS字の湾曲にも
個人差があり
湾曲の強い
動的機能タイプ

湾曲の無い
脊柱からのS字が真っ直ぐに近い
静的機能タイプ
がある。
欧米人と
日本人のヒップ位置の違いが
良い例で、
筋肉の付き方
つまり
脊柱のアライメント、骨盤位置
の差から来るものである。
欧米人から考えれば
理にかなった
形状である。
(個体差があるので全てにおいてではないが)
はっきり言うと
日本人には
根本的に無理がかかる。
ヒールを履くな
とは言わないが
履かないほうが
体のためには格段に良いことを
頭に入れておいて欲しい。

カテゴリー: 日記   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。