腹筋を鍛える意味

腹筋を鍛える!
腹筋をするといいですよー
なぜこうなるのか?
色んな理由がある。
障害という面で考えてみよう
腹筋の弱化は、腰痛を引き起こす
と一般的に言われるが
膝痛を引き起こす事も考えられる。
なぜか?
骨盤と膝関節は連鎖しているからだ
骨盤前傾により
膝は伸展(伸びる)し外反外旋する。
骨盤後傾により
膝は屈曲(曲がる)し内反内旋する。
要は後者は
猫背、がに股になりやすい。
これだけで、障害に繋がるわけではないが
がに股は、膝痛のリスクを引き上げる。
骨盤の前傾、後傾をコントロールする筋肉は様々あるが
腹筋群はそれに多く関与する。
(注!!腹筋だけ鍛えれば骨盤の前傾、後傾を100%コントロール
出来るわけではありません。)
色んな観点で
腹筋は鍛える事に意味がある。
ただ単に
【痩せたい】
という目的だけでは、あまり長続きしない
運動だが
何故鍛えると良いのか
理由がちゃんと分かれば
鍛えずにはいられないはず!!

カテゴリー: 日記   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。